浦和クレセント歯科クリニック
はじめてのかたへクリニック紹介へアクセス情報浦和クレセント歯科クリニック診療内容一般歯科小児歯科へ口腔外科へ矯正歯科へ審美歯科へインプラントへリンク集へクレセント歯科トップページへ

 

■一般歯科について

 お口の中、むし歯と歯周病は「歯の二大疾患」です。カゼなどの病気と違い、むし歯や歯周病になると進行はしますが、自然に治ることはありません。厄介なことに、むし歯や歯周病で失ってしまった組織は元の状態に回復させることはできません。また、かなり進行しないと自覚症状があらわれず、進行すればするほど治療することが複雑になり治療の回数も増えます。ですから、日頃の予防や検診も重要になります。

 

■むし歯の前兆

こんな症状があれば虫歯の前兆です。ご来院の上ご相談下さい。

1:歯の表面の溝が黒い。欠けてる。穴があいている。

2:水、甘いものがしみてきた。

3:歯が時々痛む。

4:舌でふれるとひっかかる。

5:食べ物が同じ場所につまってしまう。

 

「痛くなく、できるだけ削らないように治療を・・・」

治療に入る前にしっかり皆さまのお話しを聞き、現在の状況・治療方法について十分ご説明させていただきます。そして、できるだけ痛くないように、できるだけ歯を削らないように治療をするように心がけています。

トップへ戻る

 

■むし歯の進行と治療ガイド

1: 表面が浅く溶けたようなごく初期の状態(C0)
見た目にはほとんどわかりませんが、表面が白く濁ったり、溝が茶色になったりします。削らず再石灰化を促し観察します。
2: 歯の表面に白い斑点があらわれ、徐々に黒ずむ。痛みなし。 (C1)
目に見えにくい虫歯です。奥歯では溝に沿って白いスジ状になることもあります。この段階で治せるといいですね。(予防、定期検診の早期発見・早期治療が重要)
3: 冷たいものや風が歯にしみる状態(C2)
象牙質まですすんだ虫歯で小さな穴に見えても中で広がっていることも多いです。
4: 熱いものもしみてきて、ズキズキする(C3)
歯髄(しずい=神経)治療が必要なケースで、歯髄をとると歯がもろくなるのできるだけ保存したいのですが、デリケートで炎症をおこすと治りにくく腐りやすいため歯髄をとることが多くなります。
5: 歯の根管しか残らない末期の状況(C4)
歯髄(神経)まで腐っている状況で、以前治療した歯の隙間やつめものがとれて再び虫歯になっている。抜歯にいたるケースが多いです。

ページトップへ

 

■治療について

小さな虫歯・・・虫歯の箇所を除去して、金属やレジン(プラスティック)などの詰物で詰めていきます。(C1、C2のケース)

少し大きな虫歯・・・虫歯の箇所を除去して、金属、プラスティック、セラミックの詰物や歯の一部分を覆うかぶせ物を装着します。

大きな虫歯・・・神経をとる治療をおこないます。その後、詰物やかぶせ物をします。歯の根まで進行している場合、抜歯がともなうこともあります。

 

■抜歯などによる歯の欠損の治療

抜歯などにより、歯を失った場合は義歯(ブリッジ、入れ歯)やインプラント治療をします。

・1、2本無くした場合
隣接する歯を削ってブリッジを装着します。また、インプラント治療をおこないます。

・複数の歯(連なって失った場合)
 ブリッジ、部分的な入れ歯やインプラント治療をおこないます。

 

部分入れ歯も総入れ歯も、装着時のフィット感や熱感など材料や技法で異なります。材料や技法により保険がきかないものもございますので。担当医師とよく相談してださい。

ページトップへ

 

■定期検診のすすめ(予防をしましょう!!)

1:定期検診チェック項目

2:歯ぐきのチェック

3:虫歯のチェック

4:歯周病のチェック

5:歯みがきのチェック

6:歯石や歯垢の除去

歯とお口の健康を保つためには定期的な歯科医師のチェック、および歯石除去が重要です。定期検診により早期発見・早期治療も可能です。大切なご自分の歯をいつまでも守るために積極的におこなってください。

 

浦和クレセント歯科クリニック(JR武蔵野線・西浦和駅徒歩3分)
〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D
TEL & FAX:048-836-4005 
一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント