クレセント歯科クリニック
はじめてのかたへクリニック紹介へアクセス情報クレセント歯科クリニック診療内容一般歯科へ小児歯科口腔外科へ矯正歯科へ審美歯科へインプラントへリンク集へクレセント歯科トップページへ

 

■小児歯科について

 乳歯だからといって、軽く考えてはいけません。乳歯の虫歯を放置すると、永久歯にも悪い影響をあたえたり、歯ならびも悪くなります。

 こどもさんの歯は虫歯になると進行が早く、痛みも少ないため6ヶ月程度で神経の近くまですすんでしまいます。定期的に検診を受け、早期に発見し治療をおこなったり、フッ素塗布シーラントなどもおこなうといいでしょう。

 

■六歳臼歯を大切に・・・

 最初の永久歯が6歳頃生えてくる「六歳臼歯」です。臼歯とは犬歯の後に並んで生えている歯で、他のどの歯よりも大きく、かみ砕く能力も一番大きな歯です。この内後方の大きなものを大臼歯とよび上下の顎に左右3本づつ生え、その中の第一大臼歯が「六歳臼歯」です。

 この「六歳臼歯」を虫歯などでなくすと、大人の歯ならびの軸であり柱をなくすことになりますので、歯列はガタガタになってしまいます。大切にしなければいけないのですが、六歳臼歯が生えてくる頃は、歯磨きも下手で、お菓子や甘いものが大好きな年齢です。

 また、溝も多く歯垢もつきやすく、約半分生えてきた状態で虫歯になってしまいます。日頃から歯磨きにも特に気を使い、できれば半年に一度定期検診を受けていただくことをおすすめします。

 

▼フッ素塗布について

 乳歯や生えてきたばかりの永久歯に、フッ素を含んだくすりを塗ることによって、虫歯に対する抵抗性を増したり、歯の質を強化することができるとされています。(くわしくはドクターが説明いたします)

▼虫歯予防(シーラント)処置

 生えてきたばかりの6歳臼歯など、まだ虫歯のない歯に対して、ものを咬む面の細かい溝から虫歯が発生するのを防ぐために、この溝を接着性のあるプラスチックでうめる処置です。これによって虫歯の発生率を低下させることができます。歯を削ることなく、薬で処理するだけなので、削る音の苦手なお子様でも安心です。(くわしくはドクターが説明いたします)

 

*シーラント処置をすれば歯を磨かなくても全く虫歯にかからないということではありません。また、診断の結痂、溝に虫歯があるときはこの処置はできません 。

 

 

クレセント歯科クリニック(東武東上線・柳瀬川駅すぐ)
〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307
TEL :048-475-3242 
一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント