志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

循環器系疾患と歯科治療Q&A

Q1:過去にクモ膜下出血をおこして、現在は通常の生活が行えるくらいに回復していますが、どの程度の歯科治療なら行えますか?

 

A1:脳出血もクモ膜下出血も頭蓋内出血病変です。歯科治療は、急性期を過ぎ症状の安定した慢性期に行うのがよいでしょう。この時期であれば、主治医と十分な連絡をとって慎重に対処すれば、一般的な歯科治療は問題ないと考えられます。

 

Q2:家系的に血圧が高めで両親も高血圧です。歯科治療の時に注意することを教えてください?

 

A2:血圧の変動について、歯科に関連することでは、精神的ストレス、疼痛、局所麻酔にふくまれる血管収縮薬があります。通常用いられる量の局所麻酔薬であれば、ほとんど循環器系に影響を及ぼさないので心配はありません。主治医により十分な説明を受け、不安や緊張を持たずに治療を開始するとよいでしょう。また、精神的な因子が強く関与している場合には、治療前に鎮静薬、降圧薬を使用することも有効です。

 

Q3:不整脈の原因であった心臓血管障害をカテーテルで治療しました。歯科治療は通常通りに受けられますか?

 

A3:まず、歯科治療が可能かどうか循環器医と連絡をとりましょう。危険でない不整脈であれば、問題なく歯科治療は行えます。ただし、治療に伴うストレスは避けモニタリングをしてもらうことをおすすめします。危険な不整脈や、歯科治療中に発作が誘発される可能性がある場合には、病院歯科、循環器医と連絡をとるほうがよいでしょう。

 

 

 

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005