志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

タバコと口腔(タバコとお口の健康)

タバコはお口の健康にも大敵です。

タバコは百害あって一利無し。だから、タバコの煙で充満する口の中はとても危険な状態となり、見た目にも醜く不健康です。

 

タバコでの歯面や歯肉の色素沈着

喫煙していると、歯の表や裏の面に茶色のヤニが付着します。これは、タバコの煙の成分であるタール(発ガン物質)などが付着するためです。ヤニは歯ブラシではなかなか取れず、ヤニ取り歯磨剤を使うと歯を傷めることもあります。また、歯肉はメラニン色素の沈着が進み、ピンクの歯肉を暗紫色から黒い色に変化させます。

 

口腔ガンのリスクを増加させる

喫煙により口の中も発ガンのリスクが増加します。口腔ガンは男性に多く、舌、歯肉、口底、頬粘膜などに発症します。タバコを吸わない人に比べて、約3倍近くリスクが高く、しかも、飲酒しながらだと、発症率がぐーんと高くなります。

また、口腔ガンの前兆ともいわれる症状に、歯肉や粘膜が異常を起こして白っぽくなる「白板症」があります。白板症も、喫煙者は非喫煙者の約6倍高く発症し、それが悪性化してガンになることもあります。

 

周囲が気になる口臭

喫煙習慣があると、本人はきにならなくても、周囲の人には口臭が感じられます(タバコの臭い以外の口臭も強くなります)。タバコを嫌う人には悪い印象を与えます。口臭を消すには、禁煙されることが一番です。

◆タバコが歯周病を悪くします。

歯周病とは
歯周病は、歯と歯肉の間にすみついた歯周病原菌によって起きる病気で、初期は歯肉が腫れて出血したりします。進行すると歯肉が下がるとともに歯槽骨などの歯周組織が破壊され、最後には歯が抜けてしまいます。歯周病は、最近タバコがその発症や進行に強く関与していることが分かってきました。

 

 

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005