志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

顎関節症の治療法は?

顎関節症の治療は生活習慣のチェックから始まります。 つまり、原因となる日常生活の習慣的行動をしっかり認識して、それを取り除くような行動をすること(認知行動療法)からスタートします。

 

1: 原因解消のための治療

■認知行動療法 歯ぎしりやくいしばりなど、顎関節症の原因となる習慣的行動を自覚して、それを取り除くように行動しましょう。そのうえで、日常生活の中で「セルフケア」を行い、治療に参加しましょう。

◆セルフケアの方法

<あごを安静にする> あごの力を抜くために唇を閉じ、上下の歯を離しておく。食事はなるべく軟らかい食べ物にします。

 

<痛いことをしない> 食事中や会話などに、痛くなるほど動かさない。あごを休ませる工夫をします。

 

<軽く開口> 軽く開口し、5秒保持して筋ストレッチを行います。血行が良くなり、痛みや緊張も緩和します。 その他に、正しい姿勢を保つ、あごを運動させる筋エクササイズなどを行い、自分で治す努力をします。これらは初期治療ですが、これだけでも大きな効果が期待できます。

 

■スプリント療法

スプリントやマウスピースと呼ばれる装置を寝るときに装着することにより、歯ぎしりによる弊害を防止できます。

 

2: 症状改善のための治療

■薬物療法

関節に炎症が起こっている場合には、薬で炎症を鎮め、痛みをとります。

 

その他に、関節内に強い炎症があったり、癒着などが起きている場合には外科療法も行います。炎症によって各種の治療を組み合わせて行います。歯科医師の指示のもとで正しい治療を行ってください。

 

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005