志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

顎関節症はいろいろな原因が積み重なって発症します。

かつて、顎関節症は咬み合わせの異常が主原因といわれていましたが、研究が進んだ今日では、さまざまな因子の積み重ねによって発症すると考えられています。

■ 顎関節症の原因の多くは生活習慣です。

いろいろな因子が積み重なり、あごの耐久限界を超えたときに顎関節症が発症します。

 

■あごにかかる過剰な力「歯ぎしり」「くいしばり」

顎関節症の患者さんの多くに共通してみられるのが「歯ぎしり」と「くいしばり」です。

○日中や寝ているときに無意識に行っているのがくいしばりです。ことに、仕事に集中しているときなどに行っています。

 

○歯ぎしりは寝ている間にしているので、本人は気づいていないことがほとんどです。音のする歯ぎしりは20%程度で、80%は音のしない歯ぎしりです。自覚はなくても歯ぎしりによる歯のすりへりが見られるケースが多くあります。

これらは咀嚼筋の緊張を引き起こし、関節に過度の負担をかけてしまいます。

■精神面からの負担「ストレス」

過剰なストレスも原因の一つです。仕事や家庭、人間関係などでストレスを抱え、精神的な緊張を強いられると、無意識のうちにくいしばりをしたり、肩や首、顔の筋肉を過度に緊張させてしまいます。また、睡眠障害も引き起こし、睡眠中のくいしばり、歯ぎしりの原因にもなります。

 

■癖による負担「偏咀嚼」「うつ伏せ寝」「頬杖」

日常の癖も顎関節症の原因になることがあります。例えば、いつも片側の歯だけで物をかむ偏咀嚼。眠る時にうつ伏せに寝る習慣。無意識のうちに頬杖をつくなど、日常の習慣も筋肉や関節に負担を蓄積させることになります。

 

■咬み合わせの異常にこだわって顎関節症を捉えると、治療効果がでにくい

顎関節に軽い炎症が起こるだけで、咬み合わせが変わってしまい、歯の当たり具合がおかしくなります。咬み合わせがおかしいと感じた場合は、その原因は何なのか、どうしてそのようになったのかを追求して症状と原因を取り除かなくては、正しい咬み合わせにならず、歯を不要に削るだけの堂堂巡りになってしまいます。

 

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005