志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

口腔粘膜疾患の症状と対処 Part1

■口の中に白い斑点を特徴とする症状が出た

○白板症

<症状>
自覚症状に乏しい歯肉・舌などに好発するやや隆起した板状あるいは点状の白色変化。周囲粘膜との境界は明瞭なものが多く、発赤や潰傷をともなう場合もあります。ガーゼで拭いても取れません。

<原因>
合わない入れ歯などの慢性刺激によることが多いようです。

<発症の特徴>
40~70歳の中高年者で女性より男性にやや多く発症します。

<治療>
「前癌病変」の一つとされるので、高次機関で精密検査を受けましょう。

 

○口腔カンジタ症

<症状>
口腔粘膜に広く発現し、ガーゼなどで容易に除去できるクリーム状の白苔症状。その多くはヒリヒリした痛みがあります。

<原因>
常在菌であるカンジタ菌という真菌による感染症です。

<発症の特徴>
カンジタ菌は常に口の中にある細菌で、老人、乳幼児、妊婦など抵抗力の弱い人、抗生物質、抗癌剤などの投与を受けている人に多く発症します。

<治療>
基礎疾患の改善と口腔内の徹底した清掃を行います。

 

■ 口の中に褐色斑を特徴とする症状があらわれた

○色素性母斑

<症状>
口蓋や下顎の歯肉に多く発現する円形もしくは類円形の褐色斑です。多くは境界が明瞭にやや隆起し、大きさは約15mm前後が通常です。自覚症状はありません。

<原因>
詳しくは不明ですが、メラニン色素形成異常と考えられます。

<発症の特徴>
20~30歳の女性にやや多くみられます。

<治療>
経過をみますが、悪性転化の予防のためには切除するべきです。

 

○血 腫

<症状>
いわゆる血豆で、新しいものは鮮紅色で、時間の経過とともに褐色から黒色に変化していきます。境界は明瞭で、接触痛をともないます。

<原因>
口腔粘膜をかんだり、食べ物で傷つけるなどの外傷や出血性疾患により粘膜下に出血が起こり貯留したものです。

<治療>
自然に消退します。

 

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005