志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

親知らずは必ず抜くのでしょうか?

■ きちんと生えていない親知らずは将来を考えて抜歯することが賢明です。

親知らずは「智歯」とも呼ばれる歯で18歳頃に生えてきます。
埋まったままの親知らずは、さまざまな症状をひき起こすので、予防的に抜歯することになります。理由を説明しましょう。


■ 「親知らず」はどのような歯なのでしょう

上顎、下顎の第二大臼歯の後にある歯が親知らずで、一番最後に生えてきます。現代人は顎が小さくなっているので、親知らずの生えるスペースが少なく、ほとんどがちゃんと生えることができません。多くは骨の中に埋まったままであったり、生えても前の歯にひっかかって傾いたままだったりします。つまり、正常に噛み合うことが極めて少ない歯なのです。

 

■ なぜ親知らずは抜くのでしょう

● 埋まったままの親知らずの多くは、すき間から汚れが入り込み歯周病のように細菌がどんどん溜まり、ひどい痛みと腫れがおこります。

● 前の歯に当たって埋まっていると、前の歯を押して歯の位置を変えてしまいます。

● 埋まった位置によっては顎をぶつけた時などに、顎骨を骨折させてしまうこともあります。

● 一部だけ出ていると歯ブラシが当てにくく、食べかすも溜まりやすいのでむし歯になりやすく、親知らずと接している前の歯もむし歯になってしまいます。

 

このように親知らずは、悪くなっている自覚はなくても、将来さまざまな悪影響を及ぼす可能性が非常に大きいもので、事前に抜いておくことが賢明です。

 

■親知らずはいつ抜いたらいいか

埋まったままの親知らずが発見されたら、抜くことをお勧めします。その時に自覚症状がなくても、いずれ何らかの弊害が生ずることが多いからです。また、一度でも炎症が起こった親知らずは炎症を繰り返すことが多く、次第に炎症がひどくなりますから抜いたほうがいいでしょう。

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005