志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

抜歯後と抜歯後処置について・・・

■ 抜歯は局所麻酔をして痛くなく行えます。

抜歯はコワイという印象がありますが、医療知識・技能が進歩している今日では、患者さんに十分な配慮がなされます。

 

■抜歯のステップ

  1. レントゲンによる診断
    抜歯を行う際には、事前にレントゲンで抜歯する歯の状態を確認します。

  2. 炎症があれば抑えてから
    抜歯する歯の周りの炎症がひどい場合には、事前に抗生物質、消炎薬で炎症を抑えてから実際の抜歯に移ります。炎症がひどい状態で抜歯を行うと、炎症がさらに悪化する場合があります。ときには早く抜歯した方が良いと判断される場合もあります。

  3. 局所麻酔を行う
    通常の抜歯では、抜くべき歯の外側と内側の歯肉に局所麻酔を行います。局所麻酔の注射の前に表面麻酔の軟膏を塗ることで、注射自体の痛みを減らすこともできます。

  4. 抜歯
    簡単な抜歯なら1本あたり約5~10分で終了します。複数の歯を同時に抜いたり、親知らずで完全に埋伏している場合には、30分から1時間近く要する場合もあります。

  5. 傷口の処置
    1本だけの抜歯では、抜いた後にガーゼを咬んで止血処置をします。2~3本連続している歯を抜いた場合には傷が大きいので縫合します。抜歯した穴は出血した血が固まりになって骨の穴を埋めます。血の固まりはすぐに肉芽等に変わり傷口を修復します。

  6. 術後の痛みは
    抜歯中は麻酔により、まったく無痛です。麻酔は約2時間で醒めますが、処方される鎮痛薬を服用する事により、ほとんど痛みを感じなくてすみます。抜歯の前に鎮痛剤を飲んでおくと効果的です。

  7. 抜歯後の注意事項
    1) うがいは最小限度に・・・
    うがいを頻繁に行うことで再度出血し、血が止まりにくくなります
    2) 出血が止まらない場合・・・
    通常半日位は唾液に多少の血が混じります。ただし出血が多量の場合は、ガーゼか脱脂綿を丸めて出血部位に当てて10~20分位しっかり噛んでいると止血します。
    3) 食事のときには・・・
    抜歯当日は軟らかい食事にして反対側で噛みます。刺激物は避けましょう。
    4) 禁止事項は・・・
    抜歯当日は入浴、飲酒、過度の運動、喫煙、夜更かしは避けて安静を保ちましょう。


■ 抜歯しなければならない主な症状

抜歯は治療の始まりです。
歯を抜いた後に、適切な処置を行うことで快適な日常生活にもどれます。

▼ 抜歯後、放置すると歯列に異変が・・・

抜歯を行い、そのまま放置しておくと、そこで咬めないだけでなく、残った歯が移動して歯列がガタガタになってしまいます。歯が抜けた部位と咬んでいた歯は延びてきて、歯の抜けた左右の歯は、抜けたスペースを補おうと前後に移動してきてしまいます。残った歯は、失った歯の位置を補おうと移動しはじめるからです。

・対咬歯が延びてくる
・歯が移動する

▼抜歯後の基本的な処置

抜歯によってできたスペースを補うための処置は部位や範囲によって異なります。抜けた歯が少数で前後に健康な歯があれば「ブリッジ」、前後に支える歯がない場合には「部分床義歯」が一般的です。最近では、骨に人工歯根を埋め込む「インプラント」も普及してきました。それぞれの選択については担当の歯科医師とご相談ください。

 

・ブリッジ
前後の歯を支台にしてブリッジをかけて抜けた部分を補います。

 

・部分床義歯
抜歯によりできたスペースが大きい場合には部分床義歯で補います。

 

・インプラント
人工歯根を埋め込むことにより、前後の歯に負担をかけることなく抜けた部位を補います。

 

親知らずを抜歯した場合は、傷口が回復すれば終了です。ほとんどが正しく生えるスペースのない歯なので、抜いたことにより残った歯への影響はありません。

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005