志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

一生に一度は経験する抜歯とは?

 

■ほとんどの人が一生のうちに一度は抜歯を経験します。

どんな場合に抜歯するのでしょうか。
歯や歯肉にはさまざまな病気があり、そこに生えている歯を抜かなければならない場合があります。また、歯肉の中に埋まったままの歯も抜かなければならないことがあります。その判断は、その歯を無理して残すことで、さらに悪化する場合、あるいは将来に弊害を起こす可能性が高い場合に決断されます。

・むし歯が進行して歯肉の下まで進行した場合
・歯根の先に大きな膿のフクロができた場合
・歯周病が悪化して歯の動揺が著しくなった場合
・歯が折れて深く歯肉の下まで欠損した場合
・正常に生えない親知らず


■ 抜歯しなければならない主な症状

▼むし歯・・・

むし歯が歯肉の下まで深く進行
むし歯が歯肉の下まで進行すると、むし歯の部分を削っても、しっかり詰めることができません。

 

歯根の先に大きな膿のフクロができた
むし歯を放置しておくと神経が死んでしまい、さらに根の先に炎症が起き、膿のフクロ(歯根膿瘍・嚢胞)ができてしまいます。これが大きくなるとひどい炎症が起きることになりますので、歯を抜いて、このフクロも取らなければなりません。

▼歯周病・・・

歯がグラグラになる
歯周病が進行すると歯肉が退縮し、歯が長く見えてきます。このような状態では歯を支える骨が吸収されてしまい、グラグラなのでしっかり物を咬むことができません。また、炎症を繰り返すことになるので抜くことになります。

▼親知らず・・・症状の悪化、将来への弊害

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005