志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

6歳臼歯をむし歯から守るために

 

■家庭でのケア

○歯みがきを工夫して、家族も手助けしましょう。
小さめの歯ブラシを、頬の方からななめに入れて、6歳臼歯の噛み合わせの面をみがきます。歯ブラシは毛先を歯面にあてて、小刻みに動かしましょう。最初は家族の方が手助けしてあげましょう。


○食事を規則正しくよく噛んで食べましょう。
生えたばかりの6歳臼歯は、まだ硬さが不十分です。だ液には口の中を自浄させたり、歯を硬く丈夫にする働きがあります。よく噛むとだ液が出てきますので、バランスのとれた食事をよく噛んで食べましょう。


■歯科医院でのケア

○フッ素で
フッ素を歯面に塗ります。フッ素には、むし歯予防効果があります。
○シーラントで
フッ素入りのセメントや合成樹脂で、噛み合わせ部分の溝をふさぎ、溝の中が汚れるのを防ぎます。
○定期的な歯科検診を
6歳臼歯はむし歯になりやすいので、定期検診で早めのチェックをしましょう。一般的には3カ月に1回の定期検診を。6歳臼歯が生えてきたら、そろうまでは1カ月に1回を目安にしましょう。

永久歯の予防意識を6歳臼歯から

○歯の健康に対する関心を

これから、お子さんに生えてくる歯は、すべて永久歯です。永久歯は生え替わることができませんので、一生大切に守っていかなければなりません。6歳臼歯を守ることから、歯の健康と予防意識を育ててください。
○ご家族の働きかけが大切
お子さんの歯を健康に育てていくためには、お父さんやお母さんからの働きかけが大切です。また、歯科医院で定期検診を受けることで、歯科医師や歯科衛生士から専門的に歯の大切さを聞く、いい機会にもなります。
○永久歯の歯みがきは、よりていねいに
永久歯は大人の歯ですから、乳歯より大きく、形も複雑でみがくのがむずかしくなります。汚れのたまりやすい噛み合わせの面、歯と歯ぐきのさかい目、歯と歯の間を歯ブラシの毛先を使って、よりていねいにみがきましょう。


□大人の歯が生えてきたことで、
 お子さんが成長を自覚し、自立の糧になるきっかけとしましょう。
 むし歯予防に限らず、生活習慣全体に目を向けましょう。

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005