志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

妊娠中の大切な栄養と歯について・・・

1:栄養の保持努めましょう!

妊娠をすると内分泌の変調やビタミン代謝の障害等により、栄養障害が起きやすくなります。それによって、お口の中に障害が発生したり、胎児の歯の形成にも影響を及ぼす可能性がありますので、つねにバランスの良い食事を心がけましょう。
 お母さんの栄養は胎児の栄養でもあるのです。

2:妊娠中に不足しがちなビタミン類

妊娠中はビタミンA、B、C、Dが不足しがちになります。特にビタミンBの不足は歯周組織に悪影響をあたえ、歯肉炎を悪化させてしまいます。必要以上に気にする事はありませんが、偏食は避けましょう。

3:妊娠初期は胎児のために・・・

 妊娠初期に胎児の歯の形成がはじまります。栄養には十分注意をして下さい。とくに、たんぱく質、リン、ビタミンA・Dなどが歯には大切ですので、肉、魚、卵、乳製品、緑黄色野菜、などをしっかり摂りましょう。

★妊娠中不足しがちな栄養を補う食材

たんぱく質
胎児の細胞をつくる栄養素です。肉、魚、卵、乳製品、穀類に多く含まれます。

カルシウム
胎児の骨や歯などをつくる栄養素です。牛乳、乳製品、小魚類に多く含まれます。

鉄分
妊娠中は鉄分の不足になり貧血になりがちです。レバー、卵黄、肉類、ほうれん草、大豆製品に多く含まれます。

ビタミン
ビタミンAは体の発育や抵抗力をつけ、ビタミンB1が不足すると手足のしびれや、むくみがおこりやすくなります。ビタミンEは流産の予防に欠かせません。これらのビタミンを含む食物は、レバー、青魚、緑黄色野菜、果物、豆類、バター、牛乳などです。



医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005