志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

歯科疾患別の禁煙支援

1)う蝕

喫煙するとニコチンの血流阻害作用により、唾液の分泌が悪くなることなどで口腔内の自浄作用が弱まり、歯垢が沈着しやすくなります。
う蝕の治療跡など磨きにくいところに歯垢が沈着し、う蝕しやすくなる(二次う蝕)ので、注意が必要です。

 

2)口腔がん

タバコに含まれる発がん性物質や喫煙によって生じる活性酸素はがんを抑制する遺伝子を傷つけるので、がんになりやすくなります。他にも喫煙によって分泌されるアドレナリンの影響でがんを攻撃する抗体の働きが弱まることにより、がんの成長を助長することになります。
また喫煙すると、がんの前身である白板症になる可能性が高くなり、口腔がんのリスクがさらに高くなります。白板症が悪性になる確率は白板症全体の5%ほどですが、喫煙を続けるとがん化するリスクが増えます。口腔がんになると話しにくくなる・食べにくくなる・外見上の問題など重篤なQOLの低下につながります。

 

3)着色

・歯肉のメラニン色素沈着

喫煙は、歯の表面などにタール分が沈着しやすくなります。さらに、ニコチンによる血管収縮作用の影響で唾液の分泌が低下することなどで、唾液による口腔内の自浄作用が減退します。また、喫煙は歯肉でのメラニンの合成を促進し、歯肉に色素が沈着しやすくなります。長期禁煙(10年ほど)をすることで歯肉が正常な状態に回復した症例があります。
近年若い女性の喫煙率の増加にともない、歯肉や歯の審美面が損なわれる女性が増えています。また、子どもを持つ両親が喫煙者であった場合、受動喫煙により子どもの歯肉にメラニン色素沈着がみられることがあります。

是非禁煙しましょう。

 

・歯や修復物の色素沈着
喫煙をするとタール分が歯に沈着します。またレジンの辺縁は特に着色しやすく、見た目も悪くなります。

 

来月は疾患別Part3をご案内します。


医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005