志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

肝臓疾患と歯科治療について

患者さんで肝炎ウィルスの方。現在、何らかの肝疾患にかかっている場合は、必ず初診時に歯科医院にお伝え下さい。

 

▼歯科治療を受ける上での注意事項

 

1)院内感染の防止を行ないます。

歯科治療では、抜歯以外にも歯石除去などでも出血を伴う場合が多くあります。ウィルス性肝炎では、血液・唾液感染のおそれもあるので、事前の予防を講じます。
●医師、歯科衛生士はマスク・手袋・帽子・防護用メガネをいたします。
●使用する器具(コップ・エプロンも含む)は、できるだけディスポーザブルにして、消毒を徹底します。
★当院では、常に院内感染の防止を考え、可能な限りディスポーザブル化し、また院内設備・機器などを導入し、院内感染防止を積極的におこなっております。

 

2)止血しにくくなります。

肝障害が重度になると、血液凝固因子の減少などで、外科処置後に出血が止まりにくい状態になることがあります。普段から、口の中は健康な状態に保つように十分な手入れをしてください。
●抜歯は最初に容易な歯を抜歯し、止血状態をよく観察してから他の処置を行ないます。止血を万全にするために、抜歯した跡の傷を縫合することもあります。

 

3)傷が治りにくくなる傾向があります。

肝障害によって、赤血球・白血球の破壊を進めるので、貧血や感染症を起しやすくなります。また、タンパク合成能の低下でアルブミン量が少なくなるので、傷が治りにくくなる傾向があります。
★当院では、なるべく生体に対するダメージの少ない治療方針と感染予防を心がけております。

 

4)薬が効きすぎることがあります。

肝臓での薬物代謝・解毒機能が低下するので、薬が効きすぎたり、副作用が強くでたりすることがあります。また、障害のある肝臓の機能をさらに悪化させることもあるので、ないかの主治医と相談して薬はなるべく避けるか、用量を減らすようにしてください。

 

Q1:肝硬変ですが、歯科治療は受けられますか?

A1:肝硬変は、肝臓病が慢性化して肝実質に破壊が進行してくるために、肝機能がしだいに悪くなってくるものです。歯科治療の苦痛や、投与された薬剤によって症状が悪くなってしまったり、不快な症状が起きることもあります。しかし、肝細胞の再生を助ける高カロリー・高タンパクの食事を摂取できるようにするために、歯科治療を行なって咀嚼力をつけることは大切なことです。内科主治医に相談して、歯科治療時の注意すべき点を聞いておきましょう。

 

Q2:肝炎ウィルスのキャリアと言われました歯科治療は受けられますか。

肝炎ウィルスに感染していても肝臓に炎症が起こらない方がいます。B型・C型肝炎ウィルスではウィルスが肝細胞の働きを損なうことなく、うまく共存する場合があります。このように肝炎ウィルスに感染しても発症せず、ウィルスを保有している方々のことを「無症候性キャリア」といいます。キャリアの方が、歯科治療を受けることは全く問題がありません。但し、ウィルス性肝炎は感染症ですので、歯科治療の際に適切な感染予防対策・消毒法を講じないと、歯科医療に従事する人や他の患者さんに感染させる恐れがあります。受診の際には歯科医師に必ず申し出るようにしてください。

 

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

 

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005