志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

○歯科治療の基礎知識

痛みのある治療には麻酔をします

「体調が悪いときには申し出てください」

歯科治療は痛いものというイメージは昔のもの。今は、痛みのある治療には麻酔を使用します。麻酔の針を入れるときも、できるだけ痛みのないよう工夫されています。麻酔のあとは痛みがなく、快適な治療が受けられるようになります。痛みには個人差がありますので、もし治療中に痛むようなときは、遠慮なくお申し出ください。また、血圧の高い方、心臓病をお持ちの方、ひどく体調が悪いときには、事前に必ず歯科医師にお話しください。麻酔後は口がしびれたようになりますが、次第に元に戻ります。麻酔が効いている間は、舌やくちびるを噛んだり、熱い飲み物などで火傷をすることがありますので、充分注意してください。

 

根っこの治療は大切です

「残った歯を活かします」

 むし歯が進んで、歯の神経に届いてしまうと、神経を取る治療をしなければなりません。さらに、神経を取り除いたあとの空洞をきれいにして、残った歯がこれ以上悪くならないように詰め物をします。そのあとで、残った歯にかぶせる物をつくれば、神経を抜いた歯でも立派に噛めるようになります。根っこの治療は、歯科医にとっても神経を使う治療ですが、患者さんにとっても終わるまでに何回もの通院が必要で、ちょっと大変だと思います。しかし、歯を抜かずに活かすための、大切な治療です。がんばりましょう。

 

詰めるもの、かぶせるもの

「歯みがきをお休みしないでくださいね」

 ほんの小さな穴があいているだけのむし歯でも、専用の薬品を使って調べてみると、ずいぶん広い範囲にわたってむし歯に侵されていることがあります。そんなときには、むし歯の進行をくい止めるために、やむを得ず侵されている部分を削らなければなりません。削った部分には、金属やセラミックスで作った詰め物をはめこみます。これをインレーと言います。また、歯の一部分だけでは間に合わないときには、歯全体にかぶせる物をつくります。これをクラウンと呼びます。インレーとクラウンは使う材料や金属の種類によって、その性質や治療費に違いがありますので、説明をよく聞いてください。

 

歯の治療にX線(レントゲン)が必要なわけ

「虫歯の状態をのぞいてみます」

 治療の始めや治療の途中で、必要があったときには歯のX線写真を撮らさせていただくことがあります。これは、歯の中のしんけいの状態や歯の根元の骨などの状態を調べるために行うものです。X線を撮る事で外見だけでは分からなかった初期のむし歯や歯周病を早期発見できることができるようになります。歯科医院で行われるX線撮影のX線被曝量(X線を浴びる量)は、安全基準をはるかに下回っていますし、撮影の際には念のため防護着を着ていただきますのでご安心ください。ただし、妊娠中の方については万が一の事を考えて撮影を差し控える場合もございますので、妊娠の恐れのある方も事前に必ずお伝えください。

 

保険診療について

「歯は健康保険で治せます」
 当院では各種保険制度に基づいた、保険診療を行っています。健康保険制度とは、治療にかかった費用を、それぞれの健康保険機構が代わって負担する制度です。けれどもその負担は全額ではなく、保険制度ごとに定められた負担金が、治療を受けた人にもかかります。保険治療の時に窓口でお支払いいただくのが、その「一部負担金」です。治療の内容によっては、保険でできない治療もありますが、その際はよく説明のををし、同意を得てから治療を行いますので、疑問がある場合はお尋ねください。また、月初めには保険の請求月度がかわりますので、忘れずに保険証をご持参ください。

 

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005