志木市・桜区:歯科・インプラント・矯正・審美・ホワイトニング/クレセント歯科クリニック・浦和クレセン歯科クリニック

○歯と全身の健康

乳歯のむし歯は永久歯にも影響します

「乳歯のむし歯は生え変わるから大丈夫?」

 小さいお子さんの歯、いわゆる乳歯は、6歳くらいから徐々に永久歯に生え変わります。どうせ生え変わるのだから、乳歯のむし歯は放っておいていいかと言えば、とんでもありません。

 実は乳幼児のかわいい乳歯の根っこの下には、すでに次に生えてくる永久歯の芽が、もうできています。ですから、乳歯のむし歯を放っておくと、生えたときからむし歯の永久歯が出てきてしまうこともあるのです。

 早い時期からのむし歯は、その後の歯並びなどにも影響します。乳歯のむし歯も永久歯のむし歯と同じように、いえ、それ以上に早期発見・早期治療が大切なのです。

 

歯周病が増えています

「むし歯だけじゃない歯の病気」

 むし歯じゃないはずなのに、歯がしみる。歯みがきをすると歯ぐきから血がでる。歯がぐらぐらする。こんな症状が出たら要注意。あなたは歯周病にかかっているかもしれません。歯周病とは歯を支えている骨や歯ぐきが炎症を起こす病気で、進行すると炎症が歯を支えている骨を溶かして、最後には歯が抜けてしまいます。

 生活習慣の影響や他の成人病の合併症として、現代人には非常に歯周病が多くなっています。歯周病の治療には、患者さんの努力と長い時間が必要になります。治りにくい歯周病には、予防がなにより大切。正しい予防法で、歯周病を防ぎましょう。

 

健康な歯で長生きしよう

「8020運動を推進しています」

 歯を健康に保ち、どんなものでもよく噛んでバランスの良い食生活を続ければ、身体も健康で長生きができます。つまり、歯は健康の大切なパートナー。身体をいたわるように、歯にも健康のための努力を惜しまず、できるだけ長く保たせましょう。年をとれば歯はなくなるものという考えは、間違いです。

 日頃からきちんと気をつけていれば、歯は一生使えるものなのです。そのために日本歯科医師会が提唱しているのが、「8020運動」。つまり、「80歳」のときに「20本」の歯を残そうという運動です。今は、不幸にして歯を失ってしまっても、健康な食生活が続けられるように、様々な技術が開発されています。しかし、何と言っても自分の歯にはかないませんからね。

 

歯の健康は全身の健康のカナメです。

「むし歯が原因でリウマチになることも」

むし歯は病気じゃない。自分が痛いのを我慢すればいいんだ。もし、そんな風に考えてるとしたら、それは大きな間違いです。むし歯は細菌によって引き起こされる、立派な病気です。他の病気と同じように、放っておくと繁殖した細菌が歯の根の血管から血流内に入り込んで、心臓や腎臓などに障害を引き起こしたりすることもあります。もちろん、痛い歯では思うように食事もとれず、偏食から栄養障害を起こすこともあるでしょう。

ですから、普段体の健康に気を使うのと同じように、いつも歯の健康にも気を配り、万が一むし歯になってしまったときは、一刻も早く健康な歯を取り戻すよう治療することが大切です。また、様々な原因から歯のかみ合わせが狂って、顎の関節に無理がかかって起こる「顎関節症」という病気は、肩こりや慢性の頭痛の原因にもなります。まさしく歯の健康は全身の健康のカナメなのです。

 

問診表は大切なデータです

「全身の状態は治療のためにとても大切です」

 治療のためには、歯の状態だけではなく、現在の患者さんの全身の状態を知ることがとても大切です。慢性の病気にかかっているかどうか、アレルギーはないのか、などの全身の状態によって、治療の方法や出すお薬が変わってくるからです。ですから、治療の前に書き込んでいただいた問診表は、大切なデータになります。もし、問診表に書いたことと現在の自分の全身の状態に変化があれば、すぐにお知らせください。風邪などをひいてお薬を飲んでいるときも、忘れずに必ずお知らせください。

 

医療法人社団粋盟会 理事長 平岩 達朗

志木市・クレセント歯科クリニック/桜区・浦和クレセント歯科クリニック

志木の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
クレセント歯科クリニック

〒353-0006 埼玉県志木市館2-6-11 ペアクレセント307

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-475-3242

 

桜区の歯医者・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
浦和クレセント歯科クリニック

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島3-18-3 1D

ご予約・お問いあわせは・・・TEL :048-836-4005